オフィスにおける動線と必要となるスペース


オフィスにおける動線と必要となるスペースについて

オフィス内では、人や物が多く動くことになります。せっかくゾーニングによってよい動線が出来上がっていてても、そこに必要となるスペースが確保されていなければ、その場所がボトルネックとなってしまいます。ここでは、例をあげながらオフィス内において必要となるスペースを解説していきます。

デスク間に必要なスペース

デスクとデスクの間に必要なスペースは180cmは必要となるでしょう。デスクの後ろが壁となっている場合は、人が行き来できるスペースおよび、座っている人の作業スペースとして120cm程度のスペースを確保するようにするとよいでしょう。

 

書庫とデスクの通路スペース

デスクがあり、その後ろに書庫や棚などがあるような場合、書庫の開き戸の部分と通行スペース、デスクに座っている人の作業スペースを考えて、150cm程度のスペースが理想的です。

 

歩行スペース

歩行者の通路スペースとしては、二人の人間がすれ違う場合で160cm、一人でもよい場合は90cmあればストレスなく利用できるでしょう。

 

ミーティングエリアのスペース

椅子に座る人が必要なスペースとして60cm程度必要です。その後ろを人が通ることを考えると、スペース的には片面で120cmが理想的です。これにデスクスペースと、反対側に座る人のスペースを考えると、ミーティングデスクの奥行きが60cmと仮定すると対面で300cm程度、片側に二人が掛けるとして240cm程度が理想的といわれます。

 

 

オフィス移転ガイドでは、拡大移転、縮小移転、事務所新規開設に伴う事務所探しからオフィスレイアウトに関するまでを解説するオフィス移転総合解説サイトです。
事務所開設の基本 
拡大移転の基本
縮小移転の基本