オフィス決定後のプランニング


オフィス決定後のプランニングについて

具体的なオフィスが決定したら、オフィスの内装等に関する作業が必要となります。パーティションや打ち合わせスペース、休憩スペースなど社員の数や取引先の多さなどに応じて適切なオフィスプランニングを行います。また、大掛かりな工事が必要となるような場合には業者から相見積もりをとるなどを行います。この他、引越を行う業者の選定なども進めましょう。

新オフィス決定後の各種手続きおよび検討課題

新しいオフィスが決まった=終わりではありません。新オフィスへの移転においてはまだまだ検討・決定しなければならない項目が残っています。ここでは、オフィス移転が決まった後にしておくべき各種課題に対する検討事項を解説していきます。

オフィスレイアウト案の構築
移転前後では、当然ながらオフィス室内の構造や間取りが異なることになるわけです。また、人員の追加や機材の増加などにも対応できるレイアウト作りを心がけましょう。ここでは、オフィスレイアウト案の作成で押さえておきたいポイントを解説します。

引越し業者の比較および決定
オフィス移転が決定したら、次に移転するための引越し業者を選定する必要があります。ここでは、オフィスの引越しに関するポイントなどをわかりやすく説明していきます。

電気・通信などに関する移転事項
オフィス移転に伴い、電話番号の変更や、インターネット接続業者の変更、電気配線などの工事が必要となる場合があります。

 

 

オフィス移転ガイドでは、拡大移転、縮小移転、事務所新規開設に伴う事務所探しからオフィスレイアウトに関するまでを解説するオフィス移転総合解説サイトです。
事務所開設の基本 
拡大移転の基本
縮小移転の基本