移転先オフィスの決定・契約


移転先オフィスの決定・契約について

具体的な物件を探し契約の前段階に入りましょう。それらの物件についての契約条件(賃料、共益費、フリーレント、契約期間、環境設備)などを細かくチェックしていきましょう。また、この際、オフィス移転による社員のモチベーションアップやより効率的に仕事ができるための環境作りを視野にプランニングを行っていきましょう。

移転先オフィスビル決定までのスケジュール

物件の下見
オフィス仲介業者に依頼するとたくさんの物件を紹介してくれるでしょうから、積極的に下見に行きましょう。下見の際は、社内で検討できるように内装の写真や概観などをしっかりとメモしていきましょう。

移転計画のブラッシュアップ
オフィス移転計画は物件の下見などを通じて、よりブラッシュアップしていきましょう。具体的な坪数や移転候補の決定、設備、賃料など様々な項目がより具体的になってくると思います。下見などを通じてしっかりと考えていきましょう。

オフィスビルの内定と審査・契約内容の確認・交渉
移転先のオフィスが内定した場合、オフィスビル側の審査が入る場合があります。また、最終的に移転予定のオフィスが決定したら、具体的な契約内容の確認や賃料についての交渉を行う必要があります。

 

 

オフィス移転ガイドでは、拡大移転、縮小移転、事務所新規開設に伴う事務所探しからオフィスレイアウトに関するまでを解説するオフィス移転総合解説サイトです。
事務所開設の基本 
拡大移転の基本
縮小移転の基本