業務スペース / オフィスのゾーニング


業務スペース

執務スペースは社員が一日の大部分の時間をすごすことになる場所です。そのため、内勤者の作業効率を最大限に高めるための機能性、チームにおける情報交換(コミュニケーション機能)、社員の士気向上など様々な工夫が必要となります。また、営業スタッフが多い会社であればフリーアドレスを採用してより執務スペースを効率化するなどのアイデアも必要となります。

業務スペースはデスク配置を工夫する

業務スペース(スタッフエリア)はデスクの配置を工夫しましょう。最も多いのは島型の対面式レイアウトが多くなっていますが、営業職が多く、ほとんど会社に人がいないような場合は、フリーアドレス型のレイアウトの方が効率的かもしまれません。

また、会社の業態などにより必要となる作業スペースは異なります。小さな机で対応できる作業の仕事もあれば、飼料を大きく広げる必要があり、今のデスクサイズでは作業スペースが不足するような場合もあるでしょう。オフィスレイアウトを検討する際は、会社および社員に対する効率的に仕事ができる空間がどれだけ必要なのかをきちんと調査しましょう。

 

よい業務スペースはチームワークを向上させる

社内における社員同士の円滑なコミュニケーションは会社としてのチームワークを挙げることにもつながります。こうした場合、会社としてもチームワークをとりやすい環境を作ることが大切です。
コミュニケーションを最も円滑にできる配置は全ての社員が業務スペースを見渡すことができるオープンエリアが理想です。もちろん、業務では部署ごとに区切り、リフレッシュエリアなどで代替する方法も一つです。

 

賃貸オフィス・貸事務所のオフィス探しを依頼できるサービスです。もちろん利用料金は無料です。
条件を入力すると不動産会社が条件にあうオフィス情報をマッチングさせてくれるサービスです。

オフィス移転ガイドでは、拡大移転、縮小移転、事務所新規開設に伴う事務所探しからオフィスレイアウトに関するまでを解説するオフィス移転総合解説サイトです。
事務所開設の基本 
拡大移転の基本
縮小移転の基本