オフィスのゾーニング


オフィスのゾーニングについて

まずは、オフィス内の様々なスペースをいくつかのゾーンに分割して考えていきます。大まかに分類すると通常のオフィスであれば以下の通りに分類することができると思います。規模によっては、これらが統合されたりするケースもありますが、ケースバイケースで対応してください。

受付スペース

来社していただいたお客様をお迎えするという意味でも受付スペース作りは重要です。また、セキュリティ設備などを通じて社外的にも安心感を与えることができます。さらには、そこで働く社員に対しても、会社の成長を実感させるなどのプラス面があります。また、一般のお客様が容易に執務スペースに入らないように、打ち合わせ・ミーティングスペースと隣接させておきましょう。

 

ミーティングルーム

ミーティングルームでは、社内における会議の他、社外のお客差様にも利用してもらうスペースとなります。単純な機能性という点だけではなく、デザインなどを通じて企業の個性をアピールする場でもあります。執務よりも話し合いがメインとなる場所でもありますので、色彩などにも気を遣うとよいでしょう。

 

執務スペース・スタッフエリア

執務スペースは社員が一日の大部分の時間をすごすことになる場所です。そのため、内勤者の作業効率を最大限に高めるための機能性、チームにおける情報交換(コミュニケーション機能)、社員の士気向上など様々な工夫が必要となります。また、営業スタッフが多い会社であればフリーアドレスを採用してより執務スペースを効率化するなどのアイデアも必要となります。

 

重役室・エグゼクティブスペース

一般の執務スペースと同じ場所になる場合も多いですが、規模が大きい会社の場合は重役スペースを設けたほうが、取引先との重要な交渉や契約における機能や繁忙な役員に対して他の社員の目を気にせずに休息できる場所などを設けましょう。カーペットや照明、家具、パーティションなどを工夫することでグッと重厚さはアップします。

 

情報スペース

情報スペースとは、個人情報のほか会社の重要情報、社内LANなどを設置している場合はサーバーなど企業の中枢情報やシステムについてはゾーニング段階で出入口からもっとも遠い場所に配置するだけでなく、一般社員の入室まで含めてしっかりと管理できる体制にしておくべきです。

 

リフレッシュエリア・休憩スペース

リフレッシュエリア・休憩スペースでは煮詰まった社員の休息や部門を越えたコミュニケーション、簡単な打ち合わせなどを図れるように落ち着いたスペースにすることが重要です。

 

賃貸オフィス・貸事務所のオフィス探しを依頼できるサービスです。もちろん利用料金は無料です。
条件を入力すると不動産会社が条件にあうオフィス情報をマッチングさせてくれるサービスです。

オフィス移転ガイドでは、拡大移転、縮小移転、事務所新規開設に伴う事務所探しからオフィスレイアウトに関するまでを解説するオフィス移転総合解説サイトです。
事務所開設の基本 
拡大移転の基本
縮小移転の基本