ゾーニングと動線


ゾーニングと動線について

オフィス内において関連性の高いスペースをまとめたり、それぞれ役割の異なるスペースを配置する作業をゾーニングと言います。また、動線とは、オフィス内において人や物などが行き来するルートのことで動線がしっかりできていないと、思った以上の無駄が発生してしまいます。

オフィスのゾーニング

まずは、オフィス内の様々なスペースをいくつかのゾーンに分割して考えていきます。大まかに分類すると通常のオフィスであれば以下の通りに分類することができると思います。規模によっては、これらが統合されたりするケースもありますが、ケースバイケースで対応してください。

受付スペース
重役室・エグゼクティブスペース
ミーティングスペース
執務スペース・スタッフエリア
情報スペース
リフレッシュフロア

 

オフィスにおける動線と必要となるスペース

オフィス内では、人や物が多く動くことになります。せっかくゾーニングによってよい動線が出来上がっていてても、そこに必要となるスペースが確保されていなければ、その場所がボトルネックとなってしまいます。ここでは、例をあげながらオフィス内において必要となるスペースを解説していきます。

 

賃貸オフィス・貸事務所のオフィス探しを依頼できるサービスです。もちろん利用料金は無料です。
条件を入力すると不動産会社が条件にあうオフィス情報をマッチングさせてくれるサービスです。

オフィス移転ガイドでは、拡大移転、縮小移転、事務所新規開設に伴う事務所探しからオフィスレイアウトに関するまでを解説するオフィス移転総合解説サイトです。
事務所開設の基本 
拡大移転の基本
縮小移転の基本