収納家具 / オフィス家具の選び方


収納家具

収納家具は一般家庭における家具と同じでオフィスにおけるデザインを考える上で必須家具です。デザイン面だけでなく、セキュリティ面、収納力などを考えた上で適したタイプの収納家具を選びましょう。

収納家具を選ぶ際のポイント

収納家具を選ぶ際は目的に合わせた収納家具を購入するのがポイントです。一般的に用いられる収納家具とその特徴を以下に示します。

雑誌架
主に、よく利用する雑誌を立てておく利用法の他、会社の案内やパンフレットなどを入れておき、お客様に提示する目的でも利用できます。

両開き・引き戸キャビネット
ファイルなどを収納するのに適しています。隠すことができるのでお客様などに見せたくないものを収納します。また、引き戸のキャビネットの場合は開くスペースが不要なので、狭い空間でも効率的に利用できます。

オープンキャビネット
日常的に利用するものを収納します。鍵などのセキュリティがありませんので、比較的施錠が不要な資料やファイルなどを入れておくのに適します。

ロッカー
個人用のデスクがある場合は不要な場合もありますが、フリーアドレスによるデスクとした場合、個人の私物などを保管するスペースとして必要になります。

 

賃貸オフィス・貸事務所のオフィス探しを依頼できるサービスです。もちろん利用料金は無料です。
条件を入力すると不動産会社が条件にあうオフィス情報をマッチングさせてくれるサービスです。

オフィス移転ガイドでは、拡大移転、縮小移転、事務所新規開設に伴う事務所探しからオフィスレイアウトに関するまでを解説するオフィス移転総合解説サイトです。
事務所開設の基本 
拡大移転の基本
縮小移転の基本