オフィスレイアウト案の構築 / オフィス決定後のプランニング


オフィスレイアウト案の構築

移転前後では、当然ながらオフィス室内の構造や間取りが異なることになるわけです。また、人員の追加や機材の増加などにも対応できるレイアウト作りを心がけましょう。ここでは、オフィスレイアウト案の作成で押さえておきたいポイントを解説します。

間取り図を元に適切なレイアウトを検討

通常、オフィス仲介業者からは新オフィスに関する図面をもらうことができます。この図面を基にして、適切なレイアウトの検討を行いましょう。自分達でレイアウトを考えてもよいですが、最近ではインターネット上で見積やレイアウト案を出してくれる会社もたくさんありますので、これらの業者を活用してもよいでしょう。

また、新オフィス移転に伴い新たな家具、パーティション、パソコンなどの購入が必要となる場合はそれぞれをピックアップして購入準備を進めましょう。オフィスレイアウトの進め方については「オフィスレイアウトの基礎知識」で詳しく解説していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

賃貸オフィス・貸事務所のオフィス探しを依頼できるサービスです。もちろん利用料金は無料です。
条件を入力すると不動産会社が条件にあうオフィス情報をマッチングさせてくれるサービスです。

オフィス移転ガイドでは、拡大移転、縮小移転、事務所新規開設に伴う事務所探しからオフィスレイアウトに関するまでを解説するオフィス移転総合解説サイトです。
事務所開設の基本 
拡大移転の基本
縮小移転の基本