> オフィスの解約予告の期間を確認する

解約予告の確認 / 6ヶ月以上前のオフィス移転スケジュール


オフィスの解約予告の期間を確認する

現在のオフィスから移転するにあたり、現在のオフィスに解約予告をいつまでの行えばよいのかを確認します。このほか、保証金の返還や原状回復についてもしっかりと問い合わせ(確認)しておきましょう。

現在のオフィスの契約条件の確認

多くのオフィスビルの場合、通常6ヶ月前に解約することを伝えなければ解約する事はできないよう契約で定められている事が多くなっています。(一部のスモールオフィスやレンタルオフィスなどは3ヶ月、1ヶ月としているところもあります)

最低でも移転の6ヶ月以上前には契約を確認して、解約予告の時期がいつくらいになるのかを確認しておきましょう。

また、敷金(保証金)の返還時期についてや原状回復についてもしっかりと確認しましょう。特に、原状回復については、多くの契約でテナント側が負担することになっているはずですので、

・原状回復の範囲
・工事業者の選定の可否

大きめのビルの場合、原状回復の業者はビル管理会社側が指定することがほとんどです。後でもめることが無いように、できれば内装業者などに見積もりをとっておくと、後で原状回復費用について揉めた場合にも助けとることがあります。

 

賃貸オフィス・貸事務所のオフィス探しを依頼できるサービスです。もちろん利用料金は無料です。
条件を入力すると不動産会社が条件にあうオフィス情報をマッチングさせてくれるサービスです。

オフィス移転ガイドでは、拡大移転、縮小移転、事務所新規開設に伴う事務所探しからオフィスレイアウトに関するまでを解説するオフィス移転総合解説サイトです。
事務所開設の基本 
拡大移転の基本
縮小移転の基本