オフィス移転計画の立案・確認


オフィス移転計画の立案・確認について

移転を予定する6ヶ月くらい前には移転計画を立て始めましょう。現オフィスの契約書の確認の他、新オフィスに対して求める役割や立地などを大まかでもかまいませんので決めていきましょう。また、これに合わせてオフィスビルを仲介する不動産仲介業者などに物件資料などを請求しましょう。

6ヶ月以上前のオフィス移転スケジュール

解約予告の確認 [重要!]
現在のオフィスから移転するにあたり、現在のオフィスに解約予告をいつまでの行えばよいのかを確認します。
最近は3カ月前くらいという物件もありますが、多いのは6か月前というもの。一般的な住宅と比較して「かなり前からの告知」が必要となります。忘れていたら余計な賃料が発生しますので確実に抑えておいてください。

オフィス移転計画の骨子作成
オフィス移転は綿密な計画を立てることが重要です。オフィス移転に関しては十分な計画を練ります。初期段階では、移転計画の目的などを明確にしておきましょう。

オフィスビルの情報収集開始
オフィス移転の計画を立てる上でも、具体的なオフィスビルに関しての情報収集を始めましょう。時間的都合がつけば、仲介業者などに頼んで、内見させてもらうのもよいでしょう。

 

賃貸オフィス・貸事務所のオフィス探しを依頼できるサービスです。もちろん利用料金は無料です。
条件を入力すると不動産会社が条件にあうオフィス情報をマッチングさせてくれるサービスです。

オフィス移転ガイドでは、拡大移転、縮小移転、事務所新規開設に伴う事務所探しからオフィスレイアウトに関するまでを解説するオフィス移転総合解説サイトです。
事務所開設の基本 
拡大移転の基本
縮小移転の基本