敷金・保証金 / オフィス・事務所のチェックポイント


敷金・保証金

敷金や保証金などは本来預かり金です。解約した際にいつごろ返還されるものなのか?という点はチェックしておきましょう。また、地域やオーナーによっては敷金の償却(敷引)があるところもあります。敷引がある場合どのくらいの割合なのかも事前にチェックしておきましょう。

敷金・保証金を見る際のポイント

敷金や保証金については、やはりその後の解約のことも考えておくべきです。敷金はいつごろ返還されるのか、また敷引がある場合は何か月分となっているのかに注意が必要となります。

また、契約において「現在のオーナーが破産した場合、契約者は当該オーナーに対して直接敷金の返還を求めなければならない。さらに、破産によりオーナーが変更となった場合、契約者は新しいオーナーに対して新たに敷金(保証金)を支払う必要がある」という条文がある場合があります。

この場合、契約者は敷金・保証金についてはあくまでも敷金を支払ったオーナーに対してしか返還の請求ができないということになります。こういったケースの場合、オーナーには返還能力が無い場合もありますので、オーナーが代わってしまうと再度敷金(保証金)を支払わなければなりません。

こういう契約になっている場合は、かならずオーナー自身に対する与信調査も実施しましょう。

 

賃貸オフィス・貸事務所のオフィス探しを依頼できるサービスです。もちろん利用料金は無料です。
条件を入力すると不動産会社が条件にあうオフィス情報をマッチングさせてくれるサービスです。

オフィス移転ガイドでは、拡大移転、縮小移転、事務所新規開設に伴う事務所探しからオフィスレイアウトに関するまでを解説するオフィス移転総合解説サイトです。
事務所開設の基本 
拡大移転の基本
縮小移転の基本