コンピュータウイルスの種類


コンピュータウイルスとは

コンピュータウイルスとは、コンピュータに対して被害をもたらす不正なプログラムの一種です。コンピュータウイルスといってもその内容は実に多彩で、直接コンピュータのハードディスクをクラッシュ(破壊)するものから、コンピュータに入っている情報を盗み出すもの、コンピュータを乗っ取るものまでたくさんの種類があります。ここでは、コンピュータウイルスの定義や種類を解説していきます。

コンピュータウイルスの種類

コンピュータウイルスといっても様々な種類があります。まずは、コンピュータウイルスの種類について解説していきます。

・ワーム型ウイルス
・ボット型ウイルス
・トロイの木馬型ウイルス
・ロジックボム型ウイルス
・マクロ型ウイルス
・ファイル感染型ウイルス
・インターネット型ウイルス

 

コンピュータウイルスに感染しない為に

現在誕生している多くのコンピュータウイルスは電子メール経由で感染する事が多いので、電子メールの添付ファイルは安易に開かない。知らない人から送られたものはもちろん、知っている人からのメールでも注意をしたい。いずれにせよ、ウイルス対策ソフトなどでウイルスチェックを行うべきです。
また、Webサイトを閲覧するだけで感染するウイルスもあります。HTMLメールはプレビューしないように設定したり、不審なサイトは閲覧しない。ActiveXやjavaなどの機能を無効にしておくなどの対処も有効です。

また、Windowsを始めとしたOSにもセキュリティ上の欠陥があり、その欠陥を狙った攻撃もありえます。これらOSの販売元はセキュリティに問題がある場合は、update(アップデート)を無償で行っていますので、こまめにアップデートを行うように設定しておきましょう。

参考:ネットセキュリティ入門

 

賃貸オフィス・貸事務所のオフィス探しを依頼できるサービスです。もちろん利用料金は無料です。
条件を入力すると不動産会社が条件にあうオフィス情報をマッチングさせてくれるサービスです。

ビジネスに役立つインターネットサービスプロバイダーの比較と、オフィスの規模に合わせたインターネット環境に関するアドバイスを行います。
オフィス向けネットワーク環境
プロバイダー比較
  |-プロバイダーとは
  |-ネット回線の種類
  |-Iひかり電話と一般電話
  |-ISP比較一覧
LANによる情報管理
  |-ネットワーク構築のメリット
  |-ネットワーク環境
  |-ネットワーク構築法
   -ルーターのしくみ・設定
   -ルーターとハブの接続
   -サーバーPCスペック
   -サーバーPC初期設定
   -サーバーPC共有設定
   -クライアントPC設定
   -フォルダの管理と監視
   -サーバーセキュリティ
ウイルス対策ソフト比較
  |-コンピュータウイルスとは

その他デジタルデバイス
ビジネスフォン