ビルのオーナーが代わった時の敷金の請求先はどこ?


疑問:ビルのオーナーが代わった時の敷金の請求先はどこ?

ビルのオーナーが変更された場合、通常のビルの売買等によりオーナーの異動があった場合、敷金(保証金)は前オーナーから新オーナーに対して引継ぎが行われます。ただし、前オーナーの破綻などにより競売によってオーナーが変更された場合、テナントは新オーナーに対して新しく敷金を入れなおす必要があります。
前オーナーに対して預託していた敷金についてはテナント側が前オーナーに対して返還請求を行うことになります。

 

オフィス移転ガイドでは、拡大移転、縮小移転、事務所新規開設に伴う事務所探しからオフィスレイアウトに関するまでを解説するオフィス移転総合解説サイトです。
事務所開設の基本 
拡大移転の基本
縮小移転の基本